痔になったらすぐに専門医へ!

痔の治療には、薬で治療できるものや手術でしか治せないものなど、種類や症状によって適切な方法を取らなければなりません。痔の治療で使用される薬には、内服や外用のものがあり、症状に合わせて使い分けます。
外用のものには、ステロイド系と非ステロイド系に分かれ、痔の種類や症状、痔のある場所によって使い分けます。座薬は肛門内に入れると自然に溶けていき、有効成分が痛みや出血を止めます。切れ痔やイボ痔に使用されることが多く、患部に直接作用するので、すぐに効くという特徴があります。軟膏やクリームは、肛門のまわりに塗るタイプ、肛門にさして注入するタイプがあり、内服するタイプのものは、便を柔らかくする緩下剤や炎症を抑える消炎剤、抗生物質などが一般的に使用されます。痔ろうや症状の重い内痔核、外痔核などは通常手術によって治療が行われます。

痔は症状によってはがん化するものもあるため、できるだけ医療機関で治療を受けることが最適です。痔で困ったら出来るだけ早く大腸肛門科検索サイトなどで症状や医院の特徴を理解して通院されることをお勧めします。
市販されているものと医療機関で処方されるものには違いがあります。医療機関で処方されるものは、患者の症状や体質に一番合う成分のものを処方してくれるため、より効果的で安全に使用することができます。市販されているものは、万人に効くように成分が配合されているため、症状や体質によっては十分な効果を得ることができないことがあります。市販のものは、一時的に症状を和らげる目的で使用し、完治させたい場合は医療機関にかかり、処方してもらうことが一番よいでしょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>